バイク インカム ソロ での 使用

バイク インカム はマスツーリングやタンデムでの 使用 が多いと思いますが私は ソロ で 使用 しています

バイク インカム は ソロ ツーリングで 使用 しても大変便利です

 

まず、私がインカムを購入しようと思ったきっかけはスマートフォンを使ってのナビゲーション機能です

 

知らない土地でのツーリングにおいてナビゲーションは今やかかせない存在です

 

ナビゲーションは大変便利ですが、使い方を誤ると危険でもあります

 

バイクでのスマートフォンのナビ画面を見ながらの走行はできるだけ避けたいです

 

それじゃナビの意味がないんじゃないの?

 

ということになってしまいますが、そのようなときに威力を発揮するのがナビの音声案内です

 

インカムがあればスマートフォンのナビの音声を聞くことができるので、ナビ画面を凝視しないでも済みます

 

その他にも音楽を聴いたり、ラジオで交通情報を聞いたり、かかってきた電話に応対することもできます

 

そのような便利なインカムですが、使い方を間違えると大変危険なので安全第一で使います

 

インカムのスピーカーはヘルメットの耳元に付けるので音楽の音量はできるだけ小さくします

 

あまり音を大きくしてしまうと回りの音も聞きずらくなってしまうのでそこのところは充分注意が必要です

 

ただ、昔のヘルメットと違って今のヘルメットはスピーカーを付けることを想定して作られているのが多いので、完全に耳を塞いでしまうことはありません

 

ですから昔のヘルメットにインカムを付ける場合にはそこのところを考慮する必要があります

 

バイクインカムをソロでしか使わないことの利点

 

バイクインカムをソロでしか使わないことの最大の利点は購入金額を最小限に抑えられる、ということでしょう

 

インカムをソロでしか使わないのであればインカムの性能で重要視される通信距離の問題やペアリングが何台まで大丈夫とか、ペアリングのしやすさとかは関係ありません

 

それなので最小限の機能さえあれば良いので値段も安いもので充分です

 

ただ、もしかしたらマスツーリングやタンデムなどで使うかもしれない、といった場合には通信距離の問題やペアリングのしやすさなども考慮したほうがいいでしょう

 

バイクインカムは自分の使用目的を考えて

 

バイクインカムを選ぶときの注意点としてはまず自分の使用目的を考えましょう

 

自分が何を重要視するかによってインカムの価格も違ってきます

 

ソロでしか使わないというのであれば今のインカムは最低限の機能はどれも備えているのでどれを選んでも失敗はしないと思いますが、しいて言えば防水機能、バッテリーの持続時間、GPS案内は最低限チェックしておきたいところです

 

それとインカムを取り付けるヘルメットもフルフェイスヘルメットかジェットヘルメットかによってマイクの形が違ってくるのでそこのところを間違って買ってしまうと後からマイクを買いなおさなければならないので注意しましょう

 

ちなみに私が現在使用しているインカムはこちらです



Freedconn t-com インカムでBluetooth 防水 インターカム電話応答 FM機能 GPS案内 という装備で必要な装備は一揃い揃っています

 

価格も安くインカムをソロで使うのには充分だと言えます

 

使ってみた感じでは音質も良く、これといって不便なところは感じられませんでした

 

実際に取り付けた画像です

 

インカム

 

バイクインカムをマスツーリングで使用したいというのであれば、ある程度性能の良い物を選んだほうが後々後悔しないでしょう

 

バイクインカムは年々進化しているので同じ価格帯でも1年前の物とは性能が全然違いますので、どうせ買うならなるべく新しい物をお勧めします

 

私のお勧めはこちらです

 


 

大人気のビーコムシリーズのハイエンドモデルSB6Xの要素はそのままでも価格が安くなった最新モデルです

 

B+COM ONE の特徴

 

・SB6Xよりもエッジ部分が丸くなって手になじみやすくなっています

 

・SB6Xで好評だった「B+COM SOUND SYSTEM」を搭載。左右のスピーカーに独立したハイパワーアンプを搭載して高音質な音と迫力ある音を実現しています

 

・SB6Xで搭載されたB+LINK機能を搭載。SB6XとB+COM ONE 同志なら 2アクションくらいで複数のビーコムのペアリングが完了します。それによって複数のペアリング時の繋がった、繋がらない、などというゴタゴタを解消でき余分な時間を短縮できます

 

・SB6XとB+COM ONE 同志なら ペアリングの接続が途中で切れても通話範囲に戻れば自動で再接続されます

 

・他社製インカムやSB4Xなどの今までのビーコム製品とも接続できます

 

どうですか?これをお勧めしている自分がまだ購入していないというのもなんですが、本気で欲しくなってしまいました

 

ソロで使うぶんには安いインカムでも充分だと思いますが、後々マスツーリングなどでも使う機会があるかもしれないと思うかたは、最初から性能の良いインカムを購入したほうが良いかも知れないですね

 

バイクインカムの選び方

 

バイクインカムの選び方は自分がバイクインカムをどのように使うかによって大きく変わってきます

 

マスツーリングでみんなと一緒に会話がしたいのか、タンデムで会話がしたいのか、ソロで走るときに音楽を聴きたいのか

 

などといったように使う用途をよく考えて選びましょう

大勢でバイクインカムを使いたい方

大勢の人数でツーリングをするのでできるだけ多くの人と会話がしたいという方は、できるだけ多くの台数が同時通話可能な機種を選びましょう

 

コストはかかりますが高性能なバイクインカムなら、切り替えボタンを押して切り替える必要がないので無駄な操作を省くことができます

 

低価格のバイクインカムでも複数のインカムとペアリングが可能な機種もありますが、同時通話をするときにボタンを押して切り替えが必要になることもありますので、バイク用手袋をした状態では走りながらの操作は困難でしょう

 

そして、一度通話が途切れたときにペアリングの再設定が必要かどうかもチェックしておきたいところです

 

低価格のバイクインカムの場合は、一度通話が途切れてしまうとペアリングを再設定しなければならない物が多いですが高性能のバイクインカムでしたら自動で復帰してくれるのでそのような心配がいりません

 

また、高性能なバイクインカムは走行中の風切り音などを減少するノイズキャンセル機能も付いている物が多く、走行中でもクリアな音質で会話ができる利点があります

 

また、大勢でのツーリングでは先頭のバイクと最後尾のバイクの距離は離れがちになってしまうので、通信が可能な距離もチェックが必要です

 

通信可能な距離は郊外と街中などの走行条件でかなり変わってきます

 

間に車などが入ってしまうと電波が届きにくくなるのでそこのところも考慮に入れましょう

タンデムやソロでバイクインカムを使いたい方

バイクインカムの使用目的がソロやタンデムだけだったらそれほど高性能な物を選ぶ必要はありません

 

人と人がピッタリとくっついているので、通話距離なんか関係ないしペアリングの自動復帰機能なんかも必要ないでしょう

バイクインカムの連続使用時間

バイクインカムは一度電源を入れると入れっぱなしのことが多く、頻繁に電源をONにしたりOFFにしたりすることがありません

 

なので連続使用時間が長ければ長いほど安心できます

 

やはりコストが高く高性能なほど連続使用時間は長いので、自分が一日のうちで何時間バイクインカムを使用するかを念頭に入れてコストと相談しながら選ぶと良いでしょう

 

バイクインカムのおすすめ機種を比較



音にこだわりをもつ方におすすめのバイクインカムです。大出力 D 級デジタルアンプと高磁力ネオジムマグネットを採用した高音質スピーカーにより、ハイエンドモデル SB6X クラスの音質とパワフルな音圧でハイクオリティのサウンドをお楽しみできます

 

また、他社製インカムとも通話できるユニバーサル通話機能も搭載してグループ通話の幅を広げています

・同時通話人数:6人  会話が途切れても自動で繋がるBリンク搭載
・連続使用時間:インカム通話 最大約 12時間・携帯通話、音楽再生 最大約 14時間
・防水機能 IP67
・高音質ステレオスピーカー


ノイズキャンセル機能付きの高音質で、4人同時通話が可能です。

他社のインカムとも接続ができコストパフォーマンスに優れたインカムです。

・同時通話人数 :4人
・連続通話時間 約 15時間
・FMラジオ機能付き
・防水機能 IP67


FODSPORTS バイクインカム M1-S Pro は最大で8人の同時通話(推奨は4~6人)ができるのが特徴で、グループでの最大通信距離も直線で2,000mもの長い距離が可能です(途中に障害物が無いグループ通話の場合で、2名ライダー間の通信距離は500m)。

 

ノイズキャンセル機能も搭載され走行中の風切り音なども軽減されています。

 

価格の割に性能が高くコストパフォーマンスの高いインカムです。

 

・同時通話人数 :8人(推奨4~6人)
・最大連続使用時間 20時間 バッテリー残量検出機能、バッテリー不足通知機能付き
・IP65防水


斬新なデザインのインカムです。

 

スピードダイヤル機能が搭載されデバイスに最大3つまで電話番号が登録可能です。

 

防水性能IP67相当で雨に降られても安心です。

 

・同時通話人数 :4人
・連続通話時間 :12時間
・防水機能 IP67
・スピードダイヤル機能

低価格でも機能が充実したインカムです。

 

LCDスクリーンが付いていて操作状態わかりやすいです。

 

ダイヤル式の操作方法はバイク用の手袋をした状態でもおこないやすいです。

・同時通話人数 :2人
・連続使用時間 :7~8時間
・防水機能   IPX4相当
・通信可能距離 約800m


長距離通信を求める方には別売りの専用ケーブルを使ってトランシーバーと繋ぐことができます。

 

AUXケーブルが付いているので非Bluetooth機器とも接続でき、ipodやWalkmanなどと接続して音楽を楽しむことができます。

 

・同時通話人数 :8人(4~6人推奨)
・連続通話時間 約20時間
・防水機能 IPX6相当
・通信可能距離  2名間 500m グループ間 2,000m


Bluetooth4.0対応で、スマートフォン、MP3プレイヤーなどの機器と簡単に接続できます。HFP対応でSiri (iPhone) and S Voice (Samsung)を音声コマンドできます。

 

そして、特徴的なのがインカムボディにラインが設置され光りますので夜間にも目立ち安全性に貢献します。

 

・同時通話人数 4人
・連続通話時間 12~15時間
・防水機能 IP67
・通信可能距離 2名間 500m 4台グループで約1,600m

 

まとめ

ソロで使うぶんには安いインカムでも充分だと思いますが、後々マスツーリングなどでも使う機会があるかもしれないと思うかたは、最初から性能の良いインカムを購入したほうが良いかも知れないですね
 

コメント