車の買い替えがもったいないケースを解説!車の買い替えを判断する重要なポイントとは

車を買い替える時には、適切な判断をしないと損をしてしまいます。

車の買い替え方が間違ってしまって、後々もったいないと思わない為にも、適切な時期に適切な判断をすることが重要なポイントとなります。

 

車の買い替えには適切な時期というものがあります。

車が壊れてしまってやむなく買い替えるとか、事故で使いものにならなくなってしまった、といった場合には別ですが、車の買い替えをするときに適切な時期を逃してしまうと、あとで後悔することがあるので、そういったことがないようにどのようなタイミングで買い替えたらいいのかを見極めることが必要です。

 

車検費用

 

このような買い替えの仕方は損をする

 

車買い替え

 

車は売る時期によって買い取り価格というものは変動します。

車は元々の金額が高いので、少しの変動であっても実際の価格は数万円、場合によっては十万円以上の価格差がついてしまうここともあります。

車を売る時期を間違ってしまうと、十万円以上の損をしてしまうことになります。

せっかく車を売るのであれば、少しでも高額で売りたいものです。

その為には、ベストなタイミングを知ることが大切です。

 

車検を受けてすぐの買い替え

 

車を下取りに出すときに、車検が残っている期間が長ければその分下取り価格は上がりますが、車検を受けてすぐの買い替えは損をします。

車を売るタイミングでベストなのが、車検が切れる前に売ることです。

ここで勘違いしやすいのが、車検が残っているほうが査定価格が高くなるだろうと思っている人が多いことです。

車の査定には車検にかかった費用がそのまま加算されるわけではありません。

車検が1年以上残っていれば多少はプラス査定になるかもしれませんが、半年やそこらではほとんどプラス査定にはならないですし、車検の残り月数が少ないからといってマイナス査定になることもありません。

ですから、車は車検が切れるギリギリまで乗っていたほうがお得です。

間違っても車検を通してから車を売る、ということは考えてはいけません。

車検には法定費用の他に工賃や部品代がかかるので、下取りに出すユーザーとしてはその分も加算して欲しいところですが、実際には車検代が全額加算されることはありません。

仮に車検に10万円の費用がかかったとしても、買い取り価格が10万円プラスになるということはありません。

ほとんどはその半分以下でしょう。

ゆえに、車検を通してから売るのはなんのメリットもありません

車検の時に支払った工賃や部品代などは損をしてしまう場合が多いです。

そのようなことを考えると車検が切れる前に車の買い替えをしたほうが賢い選択と言えるでしょう。

 

車検の受付

 

決算期を考えないで買い替え

 

自動車販売店では最も下取り価格や車の値引きが大きくなるのが、2月~3月の決算期です。

特にディーラーなどでは割り当て台数をクリアするのに必死です。

例えば、4月に車検が切れる車があったとして車検が切れる直前まで乗っていると、4月に買い替えということになってしまい、下取り価格や車の値引きもあまり期待できなくなってしまいます。

ですから、車の買い替えは4月前にはおこなわないと損をしてしまいます。

 

自動車税を考えないでの買い替え

 

自動車税は毎年4月1日時点での名義人にかかります。

自動車税は先払いなので、1年分を先払いします。

ですから、4月に車を買い替えると残りの11ヶ月分の税金を損してしまうことになります。

自動車税が還付されるときもありますが、その条件は車を廃車処分したときのみです。

下取りに出した車が売却されたり、中古車として使用された場合には還付されません。

ですから、自動車税を考えた場合には4月1日前には買い替えをする必要があります。

また、軽自動車の場合には廃車しても還付されないということを覚えておきましょう。

 

資産価値が過ぎてすぐの車の買い替え

 

普通自動車の資産価値があるのは6年と定められています。(軽自動車は4年)

ですから、6年を過ぎた場合の車の査定額は極端に低くなってしまいます

また、10万kmを超えた車の場合も査定額は下がってしまいます。(車の人気不人気や状態によっては査定額がゼロの場合もあるし、高値で買い取ってくれる場合もあります)

車を買い替えるときには6年又は10万kmをひとつの目安としてもいいでしょう。

そして、3年又は5万kmで買い替えるのも悪くはないです。

新車で購入して3年ではなんかもったいような気もしますが、車の下取り価格(リセールバリュー)が高いので、新しく買う車の追加金額がその分少なくできます。

 

人気車種から不人気車種への買い替え

 

現在乗っている車が人気のある車種であった場合には、次に買い替える時に不人気車種を選ぶのは考えものです。

確かに今乗っている車が人気があれば高額で引き取ってくれます。

そして、不人気の車種を選べば値引きも大きいので追加する金額もその分少なくできます。

しかし、その後の買い替え時には査定額は低くなってしまいます。

業者にとっては引き取った車が売れて初めて利益が上がるので、そのまま売れなければ赤字になってしまう可能性もあるので売れない車には値がつけられません。

場合によっては査定額がゼロなんてこともありえるでしょう。

ですから、不人気車を買うときにはその車を乗り潰す覚悟が必要です。

車を頻繁に買い替えている人にはおすすめできない方法です。

もし、不人気車ではあるが、自分はどうしてもその車が欲しいと思っているかたには新車ではなく中古での購入をおすすめします。

新車では不人気車であってもそれほど大幅な値引きは期待できないですが、中古の場合はかなり安くなっていることがあります。

 

車を買い替えるのに損をしない方法とは

 

車の買い替えをするのに適切な時期を逃してしまうと、あとで後悔することになってしまいます。

損をしないで買い替えるには適切なタイミングや方法があります。

車の購入は安い金額ではないので慎重に充分考えて、なおかつ迅速に対応することが大切になってきます。

 

モデルチェンジ前に売る

 

車にはモデルチェンジというものがあります。

モデルチェンジとは、スタイルや性能などを変更して今までの物とは違った物を商品として発売することです。

車のモデルチェンジは2種類あり、マイナーチェンジとフルモデルチェンジというものがあります

モデルチェンジのサイクルは、今までは一般的にマイナーチェンジは発売後2年、モデルチェンジは4年、というのが多かったですが、近年はその間隔が少しづつ延びている感じです。

マイナーチェンジの場合、そのマイナーチェンジの前と後では、前期型・後期型と呼ばれるのに対して、フルモデルチェンジの場合は旧型・新型と呼ばれます。

 

マイナーチェンジ

マイナーチェンジは、基本的に車の構造を大きく変えるものではなく、現行のモデルをベースにして少しの変更をしたものです。

例えば、エンジンやシャシ、ボディスタイルなどの基本はそのままでライトの形を変えるとか、室内の装備を変更するとかです。

一般的に、車が好調な売れ行きがある場合には大きく変更されることは少ないですが、売れ行きがおもわしくない場合などは、ボディスタイルなどは大きく変更される時もあります。

 

フルモデルチェンジ

フルモデルチェンジは車種名は変わらなくても、ボディスタイル・内装などは大きく変更され、場合によっては、車のエンジンやシャシなどの基本構造自体が従来の物とは全く違った新しい商品として発売されることもあります。

フルモデルチェンジの場合は、同じ名称でも従来の物とは全く別の車と認識しても間違いではないと思われます。

フルモデルチェンジで大きく変わった代表的な車としては、ホンダのオデッセイがあげられます。

4代目までのオデッセイは乗用車タイプのミニバンとして、全高を低くして操縦性を重視したスポーツ性のあるミニバンとして人気を博していました。

しかし、5代目となるオデッセイはスライドドアを採用して全高を高くしたファミリー性重視の車へとフルモデルチェンジしました。

 

5代目オデッセイ

 

このようにオデッセイの場合は名称は同じでも全く違う車と言えるでしょう。

 

モデルチェンジが車の買い取り価格に与える影響

 

車がモデルチェンジをすると、新しく出た車に乗り換える人が多くなります。

そうすると旧型のモデルが市場の多くに出回ります。

車の球数が多くなりすぎると中古車としての価格相場も下がってしまいます。

車の買い取り業者としては、わざわざ中古車としてあふれている車を高い値で買う必要もないので、必然的に買い取り価格も下がってしまいます。

車の買い取り価格が下がってしまう現象は、モデルチェンジの前から起こります。

なぜかと言うと、モデルチェンジの情報は雑誌やインターネットで数ヶ月前から発信されているので、ユーザーが買い控えをしてしまうからです。

当然買い取り業者もそのような情報は事前に知っているので、買い取り価格も下がってしまいます。

 

車を売るのは1年のどの時期がいいか

 

車の買い取り価格は、時期によっても変わります。

時期によって車の買い取り価格が変動するからです。

 

車の買い取り価格が時期によって変わる理由とは

車の買い取り価格が時期によって高くなったり低くなったする理由は、時期によって需要が増えたり減ったりするからです。

需要が多い時期は車の買い取り価格も高く、需要が少ない時期は買い取り価格も低くなります。

当然のことながら需要が多ければ、中古車の相場も高くなり高値で買い取ることができるし、反対に需要が少なければ中古車の相場も低くなるので、買い取り価格も低くなってしまいます。

このように、車の買い取り価格は時期によって大きく変動するので、車を売る時にはその見極めが大切です。

 

車を売るのに適した時期とは

 

 

1~3月

1~3月の時期は車の需要が増える時期です。

新卒者が就職などで、仕事が始まるまでには通勤の為に車が必要となるので、車が売れる時期になります。

又、会社の転勤などで、今までは車を必要としない環境であったが、車でないと通勤できなくなってしまった、などという理由で車の需要が高まることもあります。

車の需要が高い時期ならば、中古車も売れるので必然的に車の買い取り価格も高くなります。

車の需要はこのようにライフスタイルと密接に関わっており、特に1~3月は新卒者や仕事の都合で車を買う人が多くなるので、車を売る絶好の時期と言えるでしょう。

 

7~9月

7~9月もまた、1~3月と同じように車を売るのに適した時期です。

7~8月は夏のボーナス時期ですが、人間の心理としてボーナス前よりもボーナスを貰ってからのほうが気持ちは大きくなります。

ですから、ボーナス前の5~6月よりもボーナス後の7~9月のほうが車の需要は高くなります。

中古車を売る側とすれば、より多くの在庫を抱えておいたほうが有利となるので、中古車の動きが活発となるこの時期は車の買い取り価格も高くなります。

 

車の売却を適さない時期

 

車を売るのに適した時期があるように、車を売るのに適さない時期もあります。

車の売却をおすすめできない時期は、4月と12月です。

4月は、車の売却で損をする確率が高い時期と言われています。

その理由のひとつとして、自動車税の還付金の問題があります。

自動車税は、4月1日の車の所有者にかかります。

4月1日に車を所有していると、1年分の自動車税を支払わなければなりません。

車を下取りとして出す場合には、還付金がどのようになるかをしっかりと確認する必要があります。

 

12月はボーナス時期ということもあり、車の需要が増える時期ですが、車の需要が増えるからと言って、必ずしも車の買い取り価格が高くはならない、ということに気をつけなければなりません。

車の年式は毎年1月をもって年式が1年古くなります。

車買い取り業者としては、12月に車を買い取るとすぐに売れなかった場合、翌年の販売となってしまうので年式が1年古くなってしまいます。

そうなってしまうと、中古車としての販売価格も下がってしまうので、必然的に買い取り価格も低くなってしまいます。

これらの理由から、車を売る適切な時期は1~3月、7~9月と言えます。

 

車検か買い替えか迷ったら早めに行動を起こす

 

車検

 

車検を受けてまだしばらく乗るか、それとも思い切って買い替えてしまうかの判断は難しいところです。

そのようなことで迷っていたら、まずは車検の見積もりを早めに出しましょう。

車の車検にいくらかかるのかによって継続か買い替えかを決めるのでしたら、なおさら早くする必要があります。

車を新車で購入した場合には納車まではだいたい1ヶ月、車種によっては3ヶ月~半年くらいかかってしまう場合もあります。

判断が遅くなると新しい車が届く前に車検が切れてしまいます。

車を下取りに出すのでしたら販売店でその間の代車とかは用意してくれるでしょうが、車を買い取り店で買い取ってもらう場合にはそうはいきません。

自分でその間に使う車をなんとかしなければならなくなってしまいます。

なので、車検の見積もりをできるだけ早く出して買い替えかどうかを早めに決断する必要があります。

 

車の買い替えは何年経過したら考えるか

 

自動車税や重量税は新車登録から13年目を経過すると増税されます。

13年を超えてしまったことを知らないでいたり、忘れていたりすると、5月上旬頃に自動車税の支払い通知書がきた時に、あれっ?なんで今年は高いんだ?と驚いてしまいます。

軽自動車の場合は2,100円の増税

普通自動車(ガソリン車)の場合は15%の増税されて、ディーゼル車の場合は11年を超えた場合に15%の増税がなされます。

ハイブリット車(トヨタのプリウスなど)は、13年を超えても増税されません。

15%というと、1,500cc~2,000cc以下を例にとった場合には、約5,400円が増税されます。

車検時に払う重量税の場合には、新車登録後13年を経過した時に増税されて、18年経過した時にもまた増税されます。

なので、車の買い替えを考えていたら、それ以前に車を手放すことをおすすめします。

 

車検証

 

 

車が故障や事故で高額な修理代がかかる時は

 

廃車買い取り

 

車が故障して走ることができなくなってしまった。

事故を起こしてしまって動かなくなってしまった。

などという時が一番車を買い替えるチャンスです。

チャンスという言い方はおかしいかもしれませんが、車を買い替えようと思っていても、経済的な面を考えるとなかなか踏み切れないこともあります。

まだ乗れる、まだまだ乗れる、と思っているといつまで経っても車を買い替えることができません。

しかし、車を直して乗るには高額な修理代がかかってしまう。

というような理由があれば、思い切って買い替えるしかなくなってしまいます。

特に、世帯持ちで家のローンがまだまだ残っている、というような旦那様の場合は、奥様の許可もなかなか降りないので、修理代が高額になってしまう、という理由があれば車を買い替えることも賛成してもらいやすくなります。

車が事故にあってしまった場合、その車を修理して乗るか、買い替えるかで悩む人も多いと思います。

また、事故に限らず車が壊れてしまって動かすことができない、大雨で水没してしまって室内まで水浸しになってしまった。

などといった時にも車を修理するか買い替えるかでおおいに悩みます。

思い入れのある車だからどうしても修理して乗りたい、希少価値のある車だから手放したくない、さんざん捜してやっと見つかった車だからずっと乗りたい、などという理由があれば別ですが、それらに該当しない場合には、車の修理代、使用年数、走行距離によって判断するのがいいでしょう。

 

車の修理か買い替えかの判断は何が決め手か

 

事故や故障などで車を修理するか、それとも買い替えるかの判断の決め手となるのは以下のことがらがあります。

・車の修理代

・車の年式

・車の走行距離

以上の3つが修理か買い替えの判断で重要な要素となります。

 

買い替えかどうかの判断は購入した車の価格によっても分かれる

 

車の修理代が高額になってしまったときには、車を修理しないで買い替えたほうが得な場合があります。

この、高額という金額ですが、人によってその判断基準は異なります。

例えば、新車価格が500万円もした場合と、100万円の車では修理代が50万円かかったとして、500万円の車の場合は10分の1で、100万円の車では2分の1の割合になります。

ですから、新車価格で比較すると500万円の車だったら修理代が50万円だったら仕方がないかな、と感じるだろうし、逆に100万円のほうは50万円もするの?となってしまうでしょう。

 

車を修理したほうが良いと判断する場合

 

車の修理が走行に支障がないところ、例えば、バンパーが凹んだとかドアに傷がついたとかいった場合には、例え修理代が10万円くらいかかったとしても、車を乗り続けたほうがいいでしょう。

ただし、車の年式が古い場合や走行距離が多い車の場合は、車の買い替えの検討も必要でしょう。

車の年式、走行距離、修理代などをトータルで考えて、今、車を買い替えたらどのくらいの金額が必要になるかを考えて、車を修理するか、買い替えるかを検討することが大切です。

 

車を買い替えたほうが良いと判断する場合

 

車を買い替えたほう良いと判断する基準は、車の修理箇所が走行に支障がある場合です。

例えば、車の足回りなどぶつけてしまった場合には、タイヤが取付けられている車軸の部分が曲がったり、ズレたりしてしまいます。

そうなると、車を安定して走らせる為に必要なホイールアライメントにズレが生じてしまいます

車を修理する時には、きちんとそれらの部分も修正するのですが、完全に元に戻るとは保証できません。

修理が終わって普通に走ることができても、しばらく走ってみないとわからないこともあります。

タイヤの片減りなどは事故車によく見られる症状ですが、その原因はホイールアライメントのズレによるものです。

そういった理由で、車の足回りなどをぶつけてしまって高額な修理代がかかりような時には、車を買い替えたほうが良いと判断できるでしょう。

また、車が水没してしまって高額な修理代がかかる場合にも、同じことが言えます。

車が水没してしまうと、車の室内が水浸しとなってしまうので車の電装品に悪影響を与えてしまいます。

特に、コンピューターなどは水に弱いので、壊れてしまうと高額な修理代がかかってしまいます。

車の電装品は水がかかってしまうとすぐに壊れてしまうものですが、その時にはなんともなくても、付着した水分のせいで後々症状が出てくる場合もあります。

ですから、水没車の場合は数ヶ月経ってからコンピューターなどの電装品が壊れてしまって、走れなくなってしまう可能性もあります。

また、ボディに錆びなどが出てきて腐食しやすくもなってしまいます。

そのような理由から、車が水没してしまった場合には車を買い替える人は多いです。

 

生活スタイルが変化した時

 

若い時にはやはりスポーティーなかっこいい車に乗りたい、という人も多いです。

しかし、結婚して子供ができたりすると、どうしてもそのような車では使い勝手に不満がでてきます。

今の車は2ドアのクーペスタイルなので家族が増えると乗り降りが不憫だし、スポーツタイプなので乗り心地もあまりよくない。

子供がこれから大きくなってくることを考えるともう少し室内が広い車がいい。

などと考え始めたら、迷わず行動をおこさないと後々後悔するかもしれません。

 

安さだけで次の車を選ぶと後悔することも

 

人間というものは一度その便利さを味わってしまうと、もとには戻れないものです。

例えば今乗っている車がフル装備でいろいろな装備が付いていた場合、その便利さに慣れてしまうと今の車よりもグレードが低い車を買ったときに後悔することが多いです。

安さだけで車を買うと、使い勝手が悪くてもういらない、となってしまうこともあり、すぐにまた車を買い替えてしまう可能性が高く、コスパが非常に悪くなってしまいます。

ですから車を買い替えるときには、最低でも今の車と同じような機能を装備した車にしたほうが、後々後悔することも少ないでしょう。

 

まとめ


 

車を買い替えるにはタイミングが重要です。

そのタイミングを逃してしまってあとで後悔した、なんてことも多くあります。

具体的に損をするタイミングは

・車検してすぐの買い替え

・決算期を考えない買い替え

・自動車税の支払い時期を考えないでの買い替え

・資産価値を過ぎてすぐの買い替え

などです。

それらのことを良く考えて車の買い替えをすることが、損をしない為の方法です。

車を買い替えるとなると、今乗っている車をどうするかですが、車はディーラーなどに下取りに出すよりもカーネクストのような車買い取り専門店で買い取ってもらったほうが断然お得です。

コメント