オイルフィルターが固着して外れないときの外し方

車やバイクのオイルフィルターを外そうとしても、固くて外れない時ってありますよね。

 

そのような時はどのようにしてますか?

 

この記事ではオイルフィルターが外れない時の原因、外し方を述べていきたいと思います。

 

オイルフィルターが外れない原因には次の3つの原因が考えられます。

 

1、オイルフィルターを前回交換した時に締め過ぎた

2、オイルフィルターを何年も交換していないので固着してしまった

3、オイルフィルターとオイルフィルターレンチ(カップ式)のサイズが合っていない

 

オイルフィルターを交換するときには決められた締め付けトルクで締め付けるのが一番良いのですが、車種によってはトルクレンチが入らないものも多いです。

 

ですから、大抵の場合は手で締め付けてオイルフィルターのOリング(パッキン)が着座後に3/4回転締める。

 

というのが一般的な作業方法です。

 

しかし、それをオイルフィルターレンチでおもいっきり締めてしまうと次回交換する時に緩まなくなってしまいます。

 

とはいってもなかにはレンチを使わなければきちんと締められない場合もあります。

 

オイルフィルターの付いている場所が手で締めるには力が入れずらい場合もあるし、手で締めただけではなんとなく後でオイル漏れがしてしまうのではないか、などと不安になる時もあります。

 

そういう場合にはきちんとレンチを使って締めることをおすすめします。(ただし締め過ぎないように注意しましょう。)

 

オイルフィルターの締め過ぎはOリングを傷めてオイル漏れの原因にもなってしまいます。

 

それと、オイルフィルターを取り付ける時にはOリング(パッキン)にエンジンオイルを塗ることも忘れないようにしましょう。

 

それをしないとOリング(パッキン)を傷めてオイル漏れの原因となってしまう場合もあるし、Oリングが固着しやすくなってしまうので、オイルフィルターが外れない原因にもなってしまいます。

 

何年もオイルフィルターを交換していないというのは、普通にはあまり考えられないことなのですが、何年も車を放置しておいた車などは、Oリング(パッキン)が固くなってしまって外れない原因となってしまう場合もあります。

 

オイルフィルターを外す作業

 

オイルフィルターとオイルフィルターレンチのサイズが合っていない場合は?

 

自動車修理工場ではいくつものオイルフィルターに合わせてたくさんのオイルフィルターレンチ(カップ式)を用意していますが、それでもたまに社外品のオイルフィルターではサイズが微妙に合わない物もでてきます。

 

その場合、オイルフィルターにレンチ(カップ式)を合わせてみると、レンチがほんの少し大きくて微妙にガタがあります。

 

なんとか回りそうな感じなんですが、緩めようとすると滑ってしまってうまく緩みません。

 

オイルフィルターレンチがカップ式の時にはピッタリとサイズが合っていないと滑ってしまって緩みません。

 

そういう時には他のレンチ(チェーン式とか)を使えばいいのですが、そのような車に限ってチェーンが使えない場合が多いです。

 

そういう時の裏技として、オイルフィルターとレンチ(カップ式)の間に薄いウエスなどを挟んで軽く叩いてガタが出ないようにすると、噛み合いがきつくなるので、大抵の場合は緩みます。

 

チェーン式のオイルフィルターレンチを使っても外れない時もごくまれにあります。

 

カップ式のレンチを使っても緩まないのでチェーン式のレンチを使ってみたが、オイルフィルターが潰れるだけでいっこうに緩む気配がない。

 

そういう時には大きいマイナスドライバーをオイルフィルターに横から刺して貫通させて、マイナスドライバーを回していきます。

 

マイナスドライバーを刺した時にはオイルフィルターに溜まっているエンジンオイルが勢いよく飛び散るので、オイルが飛散して回りを汚さないように対策をしてからおこないましょう。

 

そこで注意が必要なのですが、マイナスドライバーをオイルフィルターに刺す時に、オイルフィルターのねじ山部分に刺してしまうとねじ山が壊れてしまうので、よけいに外れなくなってしまいます。

 

マイナスドライバーを刺す時には、できるだけねじ山部分から離れた位置に刺す必要があります。

 

それでもオイルフィルターが外れない時には、オイルフィルターをサンダーなどで削って壊して外すしか方法がないです。

 

おすすめのオイルフィルターレンチ


一般的なカップ式のオイルフィルターレンチです。

 

KTCのカップ型オイルフィルターレンチは作りもしっかりしているので、サイズさえ合っていれば使えないということは無いです。

 

同じカップ型のレンチでも、物によってはサイズが合っていても滑ってしまって使えないような物もあるので、KTCのレンチだったら安心です。

 

カップ型のオイルフィルターレンチは、自動車整備工場では一番多く使われるタイプで、使い方が簡単で、締め付ける時にも使えるということです。

 

注意点としては、カップ型のレンチはサイズが決まってしまうので、そのサイズに合ったオイルフィルターにしか使えません。

 

家でDIYで自分の車にしか使わないのであれば1個あれば充分なのですが、整備工場などで色々な車種のオイルフィルターを交換するとなると、多くのサイズを用意しなければなりません。

 

自分の車だけの為に1個購入するのであったら、あらかじめオイルフィルターのサイズを確認しておきましょう。

 


こちらは3本の爪で咥えるタイプのオイルフィルターレンチです。

 

アジャスタブルタイプのレンチで、紹介している物は外径が63mm~102mmまでのオイルフィルターに対応しています。

 

爪で咥えるのでカップ式に比べると力が3点に集中してしまうので、これを使って締めるとオイルフィルターを潰してしまう可能性もあるので、取り外し専用と思っておいたほうがいいでしょう。(気をつけて締めればできないこともないですが)

 


KTCの4本の爪で咥えるタイプのオイルフィルターレンチです。

 

取り外し専用です。

 

適用径は63mm~79mmです。

 

3つの爪のタイプに比べると爪がひとつ多い分ガッチリと掴むので滑ることもありません。

 

固く締まったオイルフィルターも外すことができます。

 

これで外れないオイルフィルターはもう壊して外すしかないでしょう。

 

価格が少し高くなりますが、それだけの価値はあるオイルフィルターレンチです。

 

固く締まって外れにくいオイルフィルターを外す時には一番のおすすめ商品です。

 


チェーンタイプのオイルフィルターレンチです。

 

チェーン式なので外す時にオイルフィルターを潰してしまうので取り外し専用になります。

 

チェーン式の利点はサイズがチェーンの長さ分使えるので幅広い車に対応でき、大型車などの大きいオイルフィルターにも使える点です。

 

まとめ

 

オイルフィルターが固着してしまって外れない時は、プロでもなかなか苦労します。

 

DIYで素人のかたがやろうと思えばかなり苦労すると思われますので、もしこれは無理そうだなと思ったら迷わずプロのかたにまかせたほうが賢明だと思います。

 

オイルフィルターを壊しても外れなかったら、もう自走で整備工場に持っていくことはできなくなってしまいますので大変です。

 

コメント