オイルシール交換に便利なおすすめの工具 オイルシールプーラー

みなさんこんにちは!

 

今回おすすめする工具は、オイルシールを交換する時に便利なオイルシールプーラーです。

 

自動車の整備をやっているとオイルシール交換という作業は必ず出てきます。

 

自動車の整備でオイルシール交換の多い箇所はシャフトタイプだと、カムシャフトやクランクシャフトのオイルシールあたりです。

 

私もオイルシールプーラーを持っていない時は、小さいマイナスドライバーやピックアップツールなどを使って外していました。

 

でも、その方法だとシャフトに傷を付けたりしてしまうことが心配です。

 

オイルシールプーラーがあればそのような心配も無くて、簡単にオイルシールを外すことができます。

 

オイルシールプーラー

 

こちらはカムシャフトやクランクシャフトなど、シャフトに付いているタイプのオイルシールを外すオイルシールプーラーです。


 

ブレードをシャフトとオイルシールの間から差し込み、支点を軸にしてグリップ部分を押してテコの原理で外します。

 

このオイルシールプーラーを使えばシャフトに傷を付ける心配はないです。

 

しかし、弱点もあり固く固着してしまったオイルシールは内側がめくれるだけで外れませんでした。

 

たぶんそのような固着してしまったオイルシールの場合はどんなプーラーを使っても外れないのでマイナスドライバーなどでこじって外す方法しかないと思います。

 


こちらは普通のタイプのオイルシールプーラーで自動車のハブオイルシールやフロントデフの左右のオイルシールなどシャフトが出ていないタイプのオイルシールを外す時に使います。

 

先端が尖っていてオイルシールに引っかけやすいように作られていて、左右非対称にできているので大きさの違う物に対応できるようになっています。

 

短所としては先端が尖っている分オイルシールを外す時に注意をしないと、オイルシールが付いていハウジングの密着部分に傷を付けてしまう可能性があるので注意が必要です。(あまりグッと押しつけなければ大丈夫です。)

 

まとめ

 

自動車のオイルシールはオイルが漏れないようにすると共に、外部からの埃やゴミなどの侵入を防止する役目をしている重要な部品です。

 

かなり精密に作られているデリケートな部品なので、その取り扱いは慎重におこないたいところです。

 

オイルシールを取り付ける時にはリップ部にグリスなどの潤滑剤を塗っておくことも重要です。

 

また、オイルが汚れたりしているとオイルシールの劣化にもつながるので、オイルのメンテナンスはきちんとしておきたいところですね。

 

自動車整備工具 おすすめの記事一欄

 

コメント