スズキアルト パワーウインドースイッチをDIYで交換する方法

この記事では、DIYでパワーウインドースイッチを交換する方法をわかりやすく説明していきます。

我が家のスズキアルトなんですが、前々から運転席のパワーウインドーが時々動かない時がありました。

運転席用のパワーウインドースイッチに少しガタがあり原因はおおよそそれだろうな、という気はしていました。

まあ、一応パワーウインドーモーターが正常に動くことをモーターのコネクターに電圧をかけて点検したところ、モーターは異常ありませんでした。

ということで、パワーウインドーのスイッチを交換することにしました。

本当はスイッチの単体点検や配線の導通を点検してからのほうが確実なのでしょうが、今回はスイッチにガタがあった為にそれは省略しました。

なぜかというと、スズキの軽やダイハツの軽はパワーウインドーのスイッチの故障が多く、今までに何台もスイッチ交換をしてきたので、ほぼ間違いないだろうと思ったからです。

それで、さっそく部品を購入してパワーウインドースイッチの交換をします。

今回の車種のスズキアルトの場合には、パワーウインドーのスイッチを交換する為にはまずドアの内張りをはがす必要があります。

ドアの内張りを外す前に、先にドアミラー内側のプラスチックのカバーを外します。

では、ドアの内張りをはがします。

 

 

ドアの内張りを剥がすには上の画像の真ん中あたりに止まっているビスを外します。

写真ではすでにビスは外した状態です。

 

次に、内側の取っ手を外します。

ドアを内側から閉める時に手をかける部分ですね。

ビス1本で止まっているので、それを外して上に引っ張り上げれば外れます。

 

 

次に内張りのクリップを外します。

黒い丸い部分で中央の小さい円の部分を押せばクリップが浮いて外れます。

 

ドア内張りクリップ

 

写真はドアの後方部分ですが、前方部分にも付いてます。

あとは内張りをマイナスドライバーなどでウエスなどをあてながら、ドアに傷をつけないようにはがしていきます。

 

ドアの内張りを外したら、パワーウインドースイッチに接続されているコネクターを外します。

 

パワーウインドースイッチコネクター

 

コネクターの配線のロック部分が固いので、先の細いマイナスドライバーなどでロックの爪の部分を押してあげれば簡単に外れます。

 

次に、パワーウインドースイッチの上のカバーを外します。

 

 

マイナスドライバーなどでこじれば外れます。

内張りに傷を付けやすいので、マイナスドライバーの先をビニールテープなどで巻いてあげるなどの工夫をしたほうがいいです。

また、プラスチックリムーバーなどを使用すれば内張りに傷をつけにくいのでおすすめです。


 

次に、赤色の矢印のネジを外して、黄色の矢印のカバーをパワーウインドースイッチごと外します。

ネジは4箇所あります。

 

 

パワーウインドースイッチを止めているネジ2本を外します。

新品のパワーウインドースイッチを取り付けます。

組み付けは、逆の手順でおこなっていけばいいです。

 

 

壊れるのはほとんどが、運転席のAUTOの文字が刻んであるスイッチです。

スイッチを下に押したり、上に押し上げた時にパワーウインドーが動いたり動かなかったりした時には、パワーウインドーのスイッチの不具合が原因の時が多いです。

また、パワーウインドーのモーター自体に不具合がある時にも動いたり動かなかったりする時もありますが、その時にドア内張りを室内側からモーター付近を少し叩いてやると動く時もあります。

モーターにショックを与えて動き出せばモーターの不具合と言えるでしょう。

スズキやダイハツの軽自動車で(アルトやムーブなど)パワーウインドーが動かないというトラブルでは、パワーウインドースイッチの不良がほとんどでした。

今回のアルトは、パワーウインドースイッチを交換するのにドアの内張りを外さなければできなかったですが、内張りを外さなくても交換できる車種もあります。

ディーラーで修理をした場合には、部品代と工賃で2万円くらいかかるかと思われます。

ディーラーでは基本的に部品は純正部品を使用するのが常識ですから。

DIYで部品交換するなら、部品代だけですから社外品の部品を使用すればディーラーに頼んだ場合の4分の1くらいの値段でできます。

ちなみに、パワーウインドースイッチなどは純正品でなくても社外品で数多く出ているので、純正品にこだわる必要はまったくありません。

社外品でしたら価格も純正品の半額以下で手に入ります。

自分で部品を交換するのでしたら、amazonや楽天などの通販で購入したほうがはるかにお得です。

 

 

 

それほど難しい作業ではないので、DIYで交換するのもいいかもしれません。

 

それと、パワーウインドースイッチを交換した後は、初期設定をしないとパワーウインドーをAUTOで上げた時に挟み込み防止装置が働いて、ドアガラスが全閉になった後に少し下がった位置で止まってしまいます。

アルトに限らず、パワーウインドースイッチにAUTO機構が付いている車は、スイッチを交換した時やバッテリーを外した時には、基本的に初期設定が必要と考えていいでしょう。

やりかたは簡単で、イグニッションスイッチをONの状態にして(エンジンをかけた状態でもいいです)ドアガラスを全開にします。

その後にパワーウインドスイッチのAUTOの位置でドアガラスを全閉の位置にして2~5秒間保持します。

そして、ドアガラスがAUTOできちんと作動すればOKです。

コメント