オートマチック車でPレンジが抜けにくい原因とは 対処方法は簡単

 

オートマチック車

 

オートマチック車に乗っている方で、なんか自分の車、時々Pレンジが抜けにくいんだよね~。

かなり力を入れて動かさないと抜けないんだよ。

なんでかな~?

この前自動車整備工場に行って診てもらったんだけど、どこも以上がないって言われたんだよ。

ん~、どうしよう。

などと悩んでいる方はいませんか?

このような悩みを抱いている方に、元自動車整備士が答えていきます。

まず、オートマチック車にはPレンジという機構があります。

Pレンジは普段車を止めておく時に、パーキングブレーキとは別に、車が動かないようにしておく為のもので、保険的なものと考えておけばいいでしょう。

マニュアル車でいえばギヤを入れた状態にした時と同じような理屈です。

Pレンジにはパーキングロックポールというものがあり、これがオートマチックミッションの内部のギヤに引っかかり、車が動かないようにしています。

それで、このパーキングロックポールが解除されないとPレンジから抜けなくなってしまいます。

 

 

Pレンジが抜けにくくなる原因

 

Pレンジが抜けにくくなってしまう原因は、パーキングロックポールがギヤと噛んでいる状態の時に車が少しでも動いてしまうことにあります。

パーキングロックポールとギヤとの間には少し遊びがあります。

それは、Pレンジに入れた時に遊びがまったくないとPレンジに入れにくいし、また同時に抜けにくいからでもあります。

ですから、Pレンジに入れた時にサイドブレーキをかけておかないと、車がその遊びのぶんだけ動いてしまい、ギヤが強く噛んだ状態になってしまうのでPレンジが抜けにくくなってしまいます。

対処方法は簡単で、Pレンジに入れた状態の時にはサイドブレーキをきちんとかけておいて、パーキングロックポールに負荷がかからないようにすればいいのです。

 

サイドブレーキをかけるタイミングも重要

 

サイドブレーキ

 

サイドブレーキをかけたからといって、もうこれでPレンジが抜けにくくなる心配はない。

ということはありません。

サイドブレーキはかけるタイミングも重要です。

サイドブレーキは、車を止めたらブレーキペダルを離す前にかけなければなりません。

とくに、駐車する場所が少しでも傾斜のある時には気をつけなければなりません。

Pレンジに入れてサイドブレーキをかける前にブレーキペダルを離してしまうと、車はパーキングロックポールとギヤの遊びのぶんだけ動いてしまい、ギヤと強く噛み合ってから車は止まります。

その状態だとパーキングロックポールには強い負荷がかかっているので、いくらサイドブレーキをかけてもPレンジが抜けにくいことに変わりはありません。

ですから、サイドブレーキは必ずブレーキペダルを離す前にかけなければなりません。

 

サイドブレーキをかけずにPレンジだけで駐車するのは危険

 

傾斜がまったくなく平らなのだから、Pレンジに入れておけばサイドブレーキはかけなくても大丈夫だろう、という考えは大変危険です。

サイドブレーキをかけないということは、Pレンジのパーキングロックポールだけで車を支えていることになります。

パーキングロックポールは車に強い衝撃などがあると、外れてしまうこともあるので車は動いてしまいます。

車が動いてしまった場合には、回りに駐車している車にぶつかってしまう可能性もあります。

まだ、車などの物ならいいのですが歩いている人にでもぶつかってしまったら大変です。

いくらぶつかってきた車が悪くても、サイドブレーキをかけておかなかったことで車が動いてしまったことには、責任を追及されるかもしれません。

そのような理由で車を止めておく時にはサイドブレーキをしっかりとかけておくことが大切です。

 

まとめ


 

オートマチック車でPレンジが抜けにくくなってしまうのは、サイドブレーキのかけ方に原因があります。

車を駐車する時には、Pレンジに入れた時にサイドブレーキをかけてからブレーキペダルを離すようにすれば、Pレンジが抜けにくくなることもないです。

また、安全の為にも車を駐車する時にはしっかりとサイドブレーキをかけるようにしましょう。

 

ネットで予約できる格安車検ならこちら

↓↓↓

コメント