シンプソン バイク ジャケット 秋冬 おすすめ

この記事では自分が愛用している シンプソンの秋冬用バイクジャケットを紹介したいと思います

 

やっと暑い夏が過ぎてバイク乗りにとって走りやすい季節がやってきました

 

でも、ちょっと涼しくなってくるとあっとゆう間に寒い冬がやってきます

 

寒い冬に備えて今から準備しておくのも早すぎないかも知れません

 

これからの季節は秋と冬に両方対応できるバイクジャケットがおすすめです

 

この記事では自分が愛用している シンプソンの秋冬用バイクジャケットを紹介したいと思います

 

私の愛用しているシンプソン秋冬バイクジャケットはこちらです

 

 

裏から見るとこんな感じです

 

 

肩と肘と背中の部分にパットが入っています

 

インナーが付いていてジッパーで外れます

 

外したインナーです

 

 

インナーのジッパーは袖の部分にも付いています

 

 

襟の部分にもインナーが付いていて脱着できるようになっています

 

 

シンプソンのバイクジャケットで気に入っているところは見た目のデザインと機能が充実していることです

 

デザイン的には派手過ぎず地味過ぎずといったところでちょうどいい感じです

 

なんといってもSIMPSONのロゴがかっこいいです

 

派手な色彩ではないのであまり目立ち過ぎなく控えめなところが私にはちょうどいいです

 

もっと派手なほうがいいという方にはそういった物も用意されているので自分の好みで選んでいただければいいと思います

 

インナーが付いているのでそれを脱着することによって寒さ暑さを調整できるので、夏以外でしたらこれ一着で充分だと思います

 

シンプソンのバイクジャケットは普段着にも使える

 

肘と肩に付いているパットを外せば普段着にも使えます

 

背中の部分にもパットが付いていますが、背中の部分のパットはソフトなパットなのでそのままで普段着に使用しても違和感はありません(背中のパットも当然脱着できます)

 

肘と肩に付いているパットはさすがに固いのでパットを付けたままでは普段着には使えません

 

シンプソンのバイクジャケットのちょっと残念なところ

 

シンプソンのバイクジャケットを使用していてちょっと残念なこともあります

 

それは、肩に付いているパットが取り外しが自由な為にパットを付けた状態で着るときに、気を付けて着ないとパットがずれてしまうことです

 

パットがうまく固定されないので自由に動いてしまい着るときにパットが逆を向いてしまうことがあります

 

一度着てしまえば走っていてずれることはないのですが慣れが必要でしょう

 

シンプソンのバイクジャケットは安心

 

シンプソンは有名なメーカーなので使っていても安心感が違います

 

今まで私が過去に使用していた安物のバイクジャケットだと、着ているうちに糸がほつれたりして困ったこともありますが、シンプソンのバイクジャケットはさすがに一流メーカーだけあって一切そのようなことがありません

 

耐久性も問題ないでしょう

 

友達にもこのSIMPSONのロゴを見せて優越感に浸っています(笑)

 

バイクジャケットで必要な機能とは

 

バイク乗りにとってバイクジャケットは重要な役割をしています

 

バイクジャケットで必要な機能はかっこ良さももちろんありますが、安全性に優れていることだと思います

 

安全性に優れているということは、ただ単にパットが多く付いている、とかではありません

 

バイクに乗ったときの動きやすさなんかも重要です

 

素材が硬すぎてバイクの運転に支障が出るようでは元も子もありません

 

バイクが走っているときにどれだけ動きやすいか、防寒性や通気性や透湿性、防水性などが重要になってきます

 

バイクジャケットの快適性がなければバイクを運転していても楽しくはないし、集中力が途切れて危険でもあります

 

かといって夏場に暑いからといって、快適性ばかりを求めて半袖や短パンでバイクに乗るのも考えものです

 

バイクに乗るときには最低限、長袖のジャンパー、手袋、長ズボン、ブーツは装着していたいところです

 

確かに一流メーカーのバイク用ジャケットやズボンなどはちょっと価格も高くなりますが、それで安全を買えるならば安いと思います

 

シンプソンのバイクジャケットならば値段も手頃だし、機能的にも満足のいく物でコストパフォーマンスは高いと思います

 

シンプソンのバイクジャケットが気になるかたはこちら

    ↓

Amazon.co.jp : シンプソン ジャケット

コメント