スズキ バンディット1200sインプレッション

以前乗っていた スズキ バンディット1200S のインプレッション です

バンディット1200S はスズキが誇る油冷エンジンを搭載した1200ccの大型バイクです

スズキ バンディット1200 にはハーフカウル付きの バンディット1200s とカウル無しのネイキッドタイプのバンディット1200という2種類が用意されていて私の乗っていたのはハーフカウル付きの バンディット1200S でした

ハーフカウル付きの バンディット1200S にしたのは単純にカウル付きのほうが高速走行では風があたらないので楽なのではいかという思いからでした

さて、その バンディット1200S の インプレッション ですが非常に乗りやすいというのが第一印象でした

ハンドルはバーハンドルタイプで高さは程よい高さでライディングポジションもしっくりくるし、シート高は770mmと790mの2段階に調整できました

私の場合は胴長短足なので770mmにセットしたのは言うまでもありません

車両重量は241kgありますのでさすがに押し引きはつらかったですが、ライバルのホンダCB1300やヤマハのXJR1300よりは楽だったと言えます

燃費はツーリングでだいたい18km/ℓ位でしたので1200ccの大排気量バイクと考えると良い燃費といえるのではないでしょうか

タンク容量が20リットルなので360km走れることになるのでツーリングでは300kmを目安に給油すれば十分だと思われます

カウル付きのバイクだということで高速走行は楽だと思っていたのですが、形状のせいなのか、高さが足りないのか見た目の割には風のあたりが強かったです

しかし、直進安定性はさすがに良く少々の横風ではびくともしない安定性を発揮してくれて、私が今まで乗ってきたバイクの中では一番良く感じられました

エンジン性能ですが最高出力が100PS/8500rpm、最大トルクが9.5kgf・m/6500rpm なのでアクセルを開ければアイドリングよりちょっと高い感じからの回転でもグイグイと車体を押し出すような感じでスピードを上げていき、ミッションのギヤポジションなんか何速に入っていようと関係ないんじゃないかと思うくらい力強くかつスムーズなエンジンでした

普段普通に走っていれば4000回転も回せば充分でそれ以上の回転はどこで使うの?という感じでした
まさにオートマチック感覚で走れるバイクです

唯一気になる点はエンジンの熱で、油冷ということもあり夏場は足元がかなり熱くなり何か対策をしてから乗らないと低温火傷の可能性もあるほど熱かったです
私の場合は夏でもきちんと皮のズボンを履いて、丈の長いブーツを履いて対処していました
まあ、熱の問題に関しては大型車の宿命と思って諦めるしかないと思います

スズキ バンディト1200S の主要諸元

        ↓

エンジン     油冷1156cc
最高出力     100ps
燃料タンク容量  20リットル
変速機      5速
車両重量     241 kg
シート高     770/790

その後のフルモデルチェンジで水冷の1250ccエンジンが積まれ、ミッションも6速となったバンディット1250、1250sが発売されました

コメント