ヤマハTDR80 と カワサキKSR80 の2台のスペックを比較してみた

私が昔乗っていた ヤマハTDR80 と カワサキKSR80 の スペック などを比較してみました

エンジン性能 

まず、エンジン性能ですが 両車とも水冷単気筒のピストンリードバルブを採用した2サイクルの79ccエンジンでヤマハTDR80 が 10ps/8500rpmで、カワサキKSR80 が10ps/8000rpmということで馬力に関しては全く互角です

馬力は同じですが高回転ではTDR80 のほうがパワーがある感じがして、KSR80 はあまり引っ張りすぎるとパワーダウンするような感じで早めにシフトアップしたほうが速い感じでした。

そのぶん KSR80 のほうが低中速では力がある感じでした(この感想はTDR80 の場合なにぶんにも昔のことを思いだしてのことですのでそこのところをご了承願います)

車体サイズ

次に車体サイズですが、ヤマハTDR80 は全長 1720mm、全幅720mm、全高1045mm、乾燥重量 80kgで、カワサキKSR80 が全長 1660mm、全幅 720mm、全高 960mm、乾燥重量77kg、ということで若干 TDR80 のほうが KSR80 より大きいです

シート高が TDR80 のほうが KSR80 よりも高いためのせいもありますが乗った感じでは TDR80 のほうが KSR80 よりも一回り大きく感じました

タンク容量は両車とも共に8リットルです

さて、実際に自分の愛車として乗ってきた感じはというと TDR80 のほうが KSR80 よりも操縦性の面で安定した感じでした(安定しているというよりも落ち着いていると表現したほうが良いかもしれませんが、違う意味で言うと KSR80 のほうがキビキビと走るということでしょうか)

もちろんミニバイクとしてあえて両車を比較した感じですので中、大型車よりもはるかに軽く両車ともにキビキビ走れるのはいうまでもありません

燃費

燃費に関しては両車ともに同じような感じだったので(平均18~20km/ℓくらい)タンク容量も全く同じ8リットルなので航続距離も同じくらいでした

装備に関しては TDR80 にはタコメーターが付いていますが KSR80 には付いていません。その代わりに KSR80 にはフロントフォークが倒立のサスペンションが付いています

TDR80 が発売されたのが1988年で KSR80 が発売されたのが1998年ということなので10年の歳月の差があります

それでも TDR80 が KSR80 に走りの面で劣っていないというのは TDR80 がそれだけ当時としては完成されたバイクだったということではないでしょうか

いずれにしてもこの2台は操ることには最高に楽しいバイクですので中、大型車には無い楽しみがありました

やはりエンジンを全開にしても不安がないバイクって楽しいですね

 

コメント