ジェントス ワークライト 充電式 LED 自動車整備におすすめ

使う場所を選ばない便利なGENTOS(ジェントス)の充電式ワークライト(作業灯)LED のレビューと、おすすめのワークライトを紹介したいと思います。

 

自動車整備にはかかせない作業灯ですが、今回は自動車整備に限らず、家庭でも使う時に便利な、どこでも使えるジェントス充電式のワークライトLED について述べていきたいと思います。

 

ジェントス ワークライトをおすすめする理由

私がジェントスのワークライトをおすすめする理由は、今まで使ってきたワークライトの中で、私にとって一番使いかってが良かったし、何よりも日本のメーカーが作った製品で壊れない、という安心感があったからです。

 

価格の割には、光量も充分でバッテリーも長持ちします。

 

コストパフォーマンスは抜群と言っていいでしょう。

 

どうせ買うなら、明るくて、光量が簡単に調整できて、コンパクトで、マグネットが付いていてバッテリーが長持ちして、できるだけ価格の安い作業灯がいいですよね。

 

かなり、いろいろと注文をつけましたが大丈夫でしょうか?(^^;)

 

でも、それらの条件を満たしているのがジェントスのワークライトです。

 

ジェントスワークライト GZ203 のレビュー

 

私が今使用している充電式のジェントスワークライトGZ203 のレビューです。

 

ジェントスワークライト

 

外観はこのような形です。折りたたんだ状態です。

 

かなり使い込んでいるので汚いです(_ _)

 

いいように考えればここまで使い込んでいてもまだまだ使えるということでしょうか(^_^)

 

いまだに故障したことは1回もありません。

 

 

真っ直ぐにした状態で横から見たところです。

 

ライト部の薄さがおわかりいただけると思います。

 

狭い場所でも照らすことができます。

 

ジェントスワークライト

 

TOP部のライトを点灯したところです。

 

スポットライトなので光が広がらず、ファンベルトの亀裂などを確認するときに見やすいです。

 

 

本体の底部に付いているマグネットとフックです。(汚くてすみません。何度も言うようですがかなり使い込んでいるので)(_ _)

 

マグネットはかなり強力で逆さに付けてもちょっとやそっとでは落ちません。

 

フックは使わない時には折りたためるので邪魔にはなりません。

 

ジェントス 充電式ワークライトの選び方

 

充電式ワークライトを選ぶ時のポイントは明るさ、使いやすさ、稼働時間の3点になると思われます。

 

それらを吟味して選んだワークライトがこちらです。

 

ジェントス 折りたたみ式の充電式ワークライトLED


レビュー記事で書いた私が使っている GENTOS  LED ワークライト 折りたたみ 充電式です。

 

先端にもスポットライトが付いているので、スポット的に集中して光りを当てる時に便利です。

 

明るさはHiの時に500ルーメンで、Lo の時は230ルーメン、トップライトは50ルーメンです。

 

稼働時間は Hi の時で約3時間、Lo の時で約5時間、先端のスポットライト の時で約15時間です。

 

グリップの底には、マグネットとフックが付いているので、マグネットで車に付けることもできるし、フックで引っかけて作業することもできます。

 

マグネットは結構強力なので、本体を逆さに付けても落ちることはありません。

 

折りたたみ式で角度を調整することができるので、どんな角度でも照らすことができます。

 

防塵処理がなされているので、屋外で使用しても心配ありません。

 

エンジンルームや下回りの整備をする時にも、しっかりと照らしてくれるので大変役立っています。

 

ジェントス バータイプの充電式ワークライト LED


GENTOS 作業灯 LED ワークライト バータイプ USB充電式 です。

 

広い照射範囲で135度の照射角を持っていて、最大700ルーメンの明るさがあるので、自動車整備に限らず夜の街頭代わりにも使えます。

 

トップライトも装備しているのでスポットライトとしても活用できるし、マルチフックが付いているので、横向きに引っかけることもできます。

 

背面にはマグネットが装備されていて、金属部分にくっつけて作業ができます。

 

特筆すべきは本体の頑丈性で、2mの高さから落ちても耐えられるし、200kgの荷重にも耐えられることです。

 

自動車整備においては作業灯を床に落としてしまうことなんかはよくあることです。(私も何度も経験があります。)

 

で、そのたんびにどこか壊れていないかヒヤヒヤもんです。(実際壊してしまったこともありました)

 

落としてしまっても壊れない。

 

これは本当にすばらしいことです。

 

おまけに、防塵・防水ときてるのですから心配は何もありません。

 

 

ジェントス  ペン型タイプの充電式ワークライト


GENTOS 充電式ペンライト RX-104Rです。

 

サイズは直径が約17.6mmで長さが125.6mmというコンパクトさです。

 

明るさは3段階に切り替えが可能で、Hi が110ルーメン、Mid が55ルーメン、Lo が10ルーメンです。

 

ペン型の作業灯は作業中に照らす役割よりも、どちらかと言えば一時的に対象物を確認するとき(例えば車台ナンバーの確認)とかの時に使う場面が多いと思います。

 

最大の特徴は、その小ささゆえに作業服の胸ポケットなどに常に入れていても邪魔にならないので、いつでも必要な時に使えるということです。

 

そのかわりに、明るさも普通の作業灯に比べると暗いので、ペン型の作業灯で照らしながら作業するというのには向いていないかも知れません。

 

ジェントス ヘッドバンド型充電式ワークライト

 

ヘッドバンド型作業灯の特徴は、自分の顔を向けた方向を常に照らしていてくれることです。

 

屋外の作業では作業灯を手に持つ必要が無いので、両手を自由に使えます。


GENTOS LED ヘッドバンド型の充電式作業灯です。

 

60度可動式のヘッドで角度を自由に変えられます。

 

スポットとワイドに照射範囲を切り替えることができます。

 

充電が切れた時には、単3電池でも使用できるハイブリット式です。

 

 

ジェントス 充電式 投光器 LED ワークライト


GENTOS の充電式投光器 LED ワークライト です。

 

床などに置いて使用するタイプなので、車をジャッキアップして潜って作業したりする時に便利です。

 

スタンドがキャリングハンドル兼用になっているので、手に持って照らすこともできます。

 

明るさも1200ルーメンと充分なので暗闇の作業でも問題ないです。

 

本体が360度回転するので、どの角度でも自由に照らすことができます。

 

AC電源でも使えるので、充電が切れても100Vコンセントがあれば使うことができます。

 

防塵・防滴処理もなされているので、自動車整備だけでなくキャンプなどのレジャーや災害時などの時にも便利です。

 

明るさが4200ルーメンの上級機種もありますが、そちらは価格も5倍近く高いし、こちらの機種でも充分な明るさがあるのでこちらのワークライトで充分でしょう。

 

まとめ

 

今回の記事では、ジェントスの充電式ワークライトについてのレビュー記事と、おすすめのワークライトを書かせていただきました。

 

ジェントスの充電式ワークライトは、価格も手頃なうえに性能も良くて耐久性も抜群です。

 

ワークライトの購入で悩んでいるかたには、強くおすすめしたいワークライトです。

 

 

自動車整備工具 おすすめの記事一欄

 

コメント