プラスチック 半田ごて 溶接 プラスチックウェルダー

プラスチックを溶かして溶接する半田ごて SANKENのプラスチックウェルダー

 

バイクや自動車の整備で困るのが古いもろくなったプラスチックの部品を外すときです。

 

プラスチックの部品で壊れやすい状況は、接合部がはめ込みになっている時です。

古くなってくると大抵の場合、はめ込みが固くなってしまっているので、力任せで外そうとしてしまいます。

ボルトやビスなどで取り付けられている場合にはそれを緩めればよいだけなので問題はないのですが、ただはまっているだけとかいう場合には強い力で引っ張らないと外れない場合があります。

それで無理やり引っ張って外そうとするとプラスチックなので割れたりひびが入ってしまうことがあります。

そういった場合には瞬間接着剤などで補修したりするのですが、うまくつかなかったり、ついてもすぐ剥がれてしまったりします。

 

正直言って瞬間接着剤では、うまく接合できないですし、仮にくっついてもすぐに剥がれてしまうことが多いです。

 

それで、何か良い方法はないものかとネットで調べていたらこのような物がありました。


 

プラスチックを熱で溶着して割れた部分を修理するという半田ごてです。

さっそく購入して実験してみました。

使い方はただ半田ごてを温めて対象となる物を溶かしてくっつけるだけです。

 

割れたプラスティックハンガーでテストしてみました。

 

今回使用したのは SANKEN の80Wプラスチックウェルダー という商品です。

届いた製品を開けてみると中には

このような物が入っていました。

・半田ごて
・ワイヤーブラシ
・多目的プラスチック溶接材
・スチール製の網
・この他にスチール製の半田ごてを置く台
・取り扱い説明書
スチール製の網はプラスチックを溶かして接着するときに一緒に切って混ぜると強度が強くなるそうです。

 

多目的プラスチック溶接材につきましては今回は使用しませんでした。

 

プラスチックのハンガーで検証してみます。

 

このように割れたプラスチックのハンガーです
半田ごてで溶かしていきます
反対側も同じように溶かして接着していきます

このように仕上がりました

あまり上手にできなかったので仕上がりは汚いですが慣れてくればきれいにできると思います

ちなみに両手で引っ張ってみても取れることはありませんでした

このように軟質のプラスチックなどは簡単に溶着できましたが、自動車などに使われているセンサーの樹脂部などは材質が硬いので溶けませんでした。

 

販売会社の商品説明によりますとこのSANKEN の80Wプラスチックウェルダー車のプラスチックバンパーやラジエターアッパータンク、ロアータンク、ウオッシャータンク、バッテリー、コンソール、アームレストと幅広い部品の修理に使えるということだそうです。

 

車のプラスチックバンパーやウオッシャータンク、コンソール、アームレストなどは理解できるのですが、ラジエターアッパータンク、ロアータンクなどは圧力のかかる箇所だし、バッテリー?というのが正直な感想です

 

まあ、プラスチックを接着剤でつけるわけではなく熱でプラスチックを溶着するわけですから鉄の溶接と同じ原理なわけで、強度的にはまったく問題が無いわけで大丈夫だと思うのですが、あとは腕しだいということでしょうか。

 

どうしてもプラスチックを溶かすとその部分がへこんでしまうので、その場合には多目的プラスチック溶接材をうまく利用して形が崩れないようにしていけば問題ないと思います。

 

このSANKEN の80Wプラスチックウェルダーは、自動車の部品だけでなく、プラモデルやその他のいろいろなプラスチック製品に使えるので、大変便利な半田ごてです。

 

使用に対しては問題ないのですが取り扱い説明書が英語なのでさっぱりわかりません。
できれば日本語の説明書も付属して欲しかったです。

コメント