ヘッドガスケットリークテスター 使い方

ヘッドガスケットが抜けたどうかの見極め方は難しいですが、ヘッドガスケットリークテスター(排気ガスリークテスターとも呼びます)を使うことによって簡単に判断できます。

 

ヘッドガスケットリークテスターの使い方は簡単で、誰でも確実にヘッドガスケット抜けを見極められ、点検の時間を大幅に短縮できます。

 

ヘッドガスケット抜けを判断

 

ヘッドガスケットが抜けた時の症状には

 

・水温計が上がってしまう

・ラジエター液が吹き返してしまう

・冷却水がすぐなくなってしまう

・排気ガスが過剰に白い

・冷却水にオイルが混じっている

・エンジン不調

 

などといつた症状が現れます

ただし、これらの症状だけではヘッドガスケットが抜けているかどうかの判断は難しいです。

 

水温計が上がってしまう、ラジエター液が吹き返してしまう、冷却水がすぐなくなってしまう、などといった原因にはサーモスタットの不良、ラジエターの詰まり、エア抜き不良、電動ファンの不良なども考えられます。

 

排気ガスが白い原因にも、オイル上がりやオイル下がりでオイルが燃焼室に侵入してしまって、燃料と一緒に燃えてしまって排気ガスが白くなってしまうのか、冷却水が混じってしまって排気ガスが白いのかの判断も必要です。

 

冷却水にオイルが混ざる原因にも、オイルクーラーの不良でオイルが混ざってしまうのか、ヘッドガスケットが抜けてオイルが混ざってしまうのかの判断も難しいです。

 

ヘッドガスケットが抜けるとエンジンの圧縮が不足してアイドリングが安定しなかったり、加速時にガクガクして加速不良を起こす時もあります。

 

また、スパークプラグが冷却水が燃焼室に混入したことにより、点火不良になって同様な症状がでることもあります。

 

まずは、これらのことを点検してヘッドガスケット以外の箇所の異常がないことを確認しなければなりません。

 

また、これらの症状がはっきりと出る場合は判断しやすいのですが、症状が少ししか出ない場合には見極めが困難になります。

 

例えば、ヘッドガスケットがほんの少ししか抜けていない場合には、ラジエターから出てくる気泡もほんのわずかしか出なく、見ただけでは確認できないこともあります。

 

水温計の上昇にしても、水温計自体の不具合やセンサーなどの不具合も考えられます。

 

そもそも水温計についても、現在の車はほとんどの車種がついていないので、警告灯だけでは判断はできません。

 

冷却水がすぐなくなってしまう原因には、ラジエターの水漏れやその他の冷却ラインをすべて点検する必要があります。

 

これらの点検をすべておこなって、いずれも異常が無いことを確認してからでないとヘッドガスケットが抜けているという判断はできません。

 

なにしろヘッドガスケットの交換という作業は多大な時間と工賃がかかってしまうので、慎重な判断が求められます。

 

しかし、ヘツドガスケットリークテスターを使えば誰でも簡単にヘッドガスケット抜けを判断できます。

 

ヘッドガスケットリークテスターとは、冷却水の中に排気ガスが混じっているかどうかを特殊な液体を使って確認するテスターです。

 

ヘッドガスケットリークテスターの使い方

 

ヘッドガスケットリークテスターは、冷却水の中のCO2を検知してヘッドガスケットが抜けているかどうかを判断する為の物です。

 

排気ガスのCO2に反応すると色が変わる特殊な液体を利用して、ヘッドガスケットが抜けているかどうかを点検します。

 

エンジンがラジエターの水漏れなどでオーバーヒートした時に、どこまでエンジンのダメージがあるのかを判断するのは難しく、特にヘッドガスケットが抜けているかどうかを判断するのにはある程度の経験と知識が必要になりますが、このヘッドガスケットリークテスターを使えば誰でも簡単に判断できます。

 

今回紹介するのはストレート製のヘッドガスケットリークテスターです。

 

ヘッドガスケットリークテスター

 

箱を開けると

 

排気ガスリークテスター

 

このような物が入っています。

 

検査液と空のボトルが入っています。写真の物は使ってしまって検査液が少ししか入っていないですが、最初は満タンに入っています。

 

検査前の準備

 

冷却水が充分に冷えていることを確認して、ラジエターキャップを開けます。

 

ラジエター液の全容量の1/10を抜き取ります。

 

ラジエター液を抜かないで作業をしてしまうと、ラジエター液がロアチャンバーからアツパーチャンバーまで上がってきて検査液と混ざってしまうので、検査ができなくなってしまいます。

 

 

上の写真のようにアッパーチャンバーの破線まで検査液を注ぎます。

 

ラジエターの口にコーンを垂直に押さえつけて密着させます。

 

排気ガスリークテスターの検査方法

 

エンジンをかけます。

 

ラジエター液の上昇に伴い、水蒸気がロアチャンバーのタンク内に確認できます。

 

その時点でバルブを何回か揉むと水蒸気がアッパーチャンバーの検査液と混じります。

 

取り込むのは水蒸気であってラジエター液ではありません。

 

水蒸気内にCO2が混じっている場合は、検査液が青色から黄色に変化します。

 

排気ガスリークの検査

 

検査が終わったら容器から使用済みの検査液を取り出して空のボトルに保管します。

使用した検査液は約24時間で元に戻るので、数回の使用ができます。

 


 

 

まとめ

エンジンが何らかの原因でオーバーヒートした時に、ヘッドガスケットが抜けているかどうかを見極めるのはベテランの整備士でも簡単にはいきません。

 

あらゆることを想定して、納得のいくまで点検してからでないとヘッドガスケット抜けを確定することはできないです。

 

しかし、それらの点検を全部おこなっていたのでは膨大な時間を浪費してしまいます。

 

ヘッドガスケットリークテスター(排気ガスリークテスター)を使えば、その時間も短縮できて確実に見極めることができます。

 

それと、もうひとつの方法として指定工場には排気ガステスターが置いてありますが、それを使ってラジエターキャップを外して、そこにテスターの先をあててラジエター液にCO2が混入しているかどうかを確認する方法もありますが、それをやってしまうと大変高価な排気ガステスターがラジエターの中の水分を一緒に吸い込んでしまって壊してしまう可能性もあるので、やらないほうが賢明です。

 

コメント