鉄工用 ドリルシャープナー の 使い方 を レビュー

鉄工用のドリルシャープナーを購入しました。

 

ニシガキの鉄工用ドリルシャープナーです。

 

使い方は簡単なので誰でも簡単にドリルを研磨できます。

 

ドリルの刃って新品のうちは切れ味が抜群ですよね。

 

しかし、何回も使用しているとだんだんと切れ味が悪くなってきます。

 

しまいには、全然削れなくなってしまって時間だけが浪費していきます。

 

そんな時は、グラインダーなどでドリルの刃を研いでやるといいのですが、いかんせんそれには技術が必要です。

 

私はこれまで自分でグラインダーを使ってドリルの刃を研いでいたのですが、なかなかうまくいきません。

 

研ぐ角度がきちんと合っていないと逆に切れなくなってしまって、何回もやり直したりしてドリルは短くなっていくし、時間はかかるしで最終的には新品のドリルを買って古いドリルは捨てていました。

 

なんか、すご~くもったいないですよね。

 

そこで、誰でも簡単にドリルを研磨できる工具はないものかと思いネットで検索してみました。

 

で、見つけたのがこれです。

 

 

ニシガキ ドリルシャープナー

 

 

ニシガキの鉄工用ドリルシャープナーという工具を購入してみましたので使い方などをレビューします。

 

購入はネットの口コミなどを参考にして決めました。

 

ドリルの刃を研磨するのは初心者には難しいです。

 

ドリルの刃を研磨する機械がなければ、グラインダーなどで研磨しなければならないですが、刃を研ぐ角度などは熟練した人でないとうまく研げません。

 

今回ドリルシャープナーという工具を購入してみましたので使い方などをレビューします。

 

 

 

使い方

 

まずは、鉄工用のドリルに付着した油やごみなどをきれいに取り除きます。

 

これをしておかないときれいにドリルが研げません。

 

刃先設定器のドリル径の数字に合わせます。

 

鉄工用ドリル径を確認し、刃先設定器の矢印にドリル径の数字を合わせます。

(例)ドリル径が6mmの場合はドリル径の数字を6mmに合わせる。

 

ドリルの径を合わせる

 

白いマークのところに合わせます。

 

チャックに鉄工用ドリルを差し込み、先端部を10~15mmほど出して軽く締め付けます。

 

この時に差し込んだドリルが手で動く程度に軽く仮締めします。

 

ドリルシャープナーAチャック

 

画像はストレート用のチャックです。

 

この他にもうひとつ6角軸用のチャックも付属されています。

 

刃先設定器にチャックを差し込みます。

 

チャックを差し込む

 

鉄工用ドリルの先端部を指でつまみ、ドリル停止板に当たるまで引き出します。

(1回の研磨量は0.3mmです)

 

鉄工用ドリルの先端を停止板に当てた状態で、鉄工用ドリルの外周刃が角度設定爪に当たるまで右回転します。

 

 

ドリル停止板に鉄工用ドリルを押しつけた状態で、鉄工用ドリルの先端部を指でつまんで動かないようにして、チャックを締め込みます。

 

チャックを刃先測定器から外し、チャックを再度増し締めします。

 

電源を入れてチャックの基準部(凸部)を研磨機本体の(凹部)に合わせて差し込み研磨します。

 

ドリルは片方づつの研磨になるので、片方が終わったら180度回転してもう片方を研磨します。

 

研磨音が消えたら終了です。

 

 

このようにきれいに研磨できます。

 

モーター仕様

・モーター定格電圧   AC100V
・モーター定格消費電流 1.3A
・モーター定格消費電力 130W
・モーター定格周波数  50/60HZ
・モーター無負荷回転数 20000min
・モーター定格時間   15分

 

梱包内容

研磨機本体・Aチャック(ストレートドリル用)・Bチャック(6角軸ドリル用)・刃先測定器・取り扱い説明書

仕様可能サイズ

Aチャック   ストレート軸   2.5mm~13mm
6角軸も可能            7.1mm~13mm
Bチャック   6角軸専用     2.5mm~6.5mm
刃先研磨角度   118度
逃げ角度      10度
研磨可能ドリルの種類
・ハイス(HSS)
・チタンコーティングハイスドリル
・コバルトハイスドリル
*超硬ドリル・コンクリートドリルは研磨できません

 

まとめ

 

ドリルの研磨は手動では慣れないとまともにできません。

 

何回も何回も研磨をしてみて、だんだんとうまくいくようになります。

 

ドリルの研磨を手動でうまくできるようになるまでには、経験を積み重ねていくしかないです。

 

多分そこまでいくのには何本もドリルを消費すると思います。

 

それでしたら、ドリル研磨機で機械の力を借りて研磨したほうがよっぽど効率がいいと思います。

 

現在これと同じ機種は販売されていませんが、NEWタイプの機種がこちらです。

        ↓


コメント