車の車検

車の車検

車の車検

フロントガラスに飛び石の傷で車検は通るのか 対処法はどうする

フロントガラスに飛び石などで傷がついてしまうと車検が通らない可能性もあります。フロントガラスをリペアでなおす対処法もありますが、傷が大きい時やひびが入ってしまった時には交換しなければ車検は通らないです。傷を見つけたら早めに修理しましょう。
車の車検

車検を受けたあとにブレーキペダルの踏みしろが深いと感じたら

車検を受けたあとにブレーキペダルの踏みしろが深いと感じたことはないでしょうか。車検を受けた後にブレーキが深くなったのか、車検を受ける前からブレーキが深いのかで原因も違うし、点検する箇所も違ってきます。
車の車検

軽トラなどの貨物車に乗用車用のタイヤ を履くと車検が通らない理由

軽トラなどの貨物車に乗用車用のタイヤを履かせると車検が通らない理由について解説していきます。貨物車には貨物車用のタイヤでないと車検が通らないばかりか、危険でもあります。また、ホイールについても貨物車用のホイールでないと車検が通りません。
車の車検

タイヤのはみ出しは車検のときにどこまでが通るのか 基準は何ミリ?

タイヤのはみ出しが車検に通るのはどこまでが通るのでしょうか。車検時のタイヤのはみ出しは10ミリ未満までなら大丈夫ということですが、それは最外側がタイヤとなる部分についてなので、ホイールは1ミリでもはみ出していたら車検は通らないです。
車の車検

車検のときにタイヤの溝がギリギリでも通るのか 合格基準は何ミリ?

車検のときにタイヤの溝の深さがギリギリでも車検は通るのか?車検に合格するタイヤの溝の深さの基準は道路運送車両法で決められていて、その基準に達しないものは車検に通らないです。また、溝の深さだけでなくひびや亀裂などがあっても車検は通るのか。
車の車検

車検に出したらガソリンが減って戻ってきた、その理由は

車検に出したらガソリンが減って戻ってきた、ということを聞いたり自分で経験したことがある。というかたにその理由を説明します。認証工場の場合は陸運支局に車を持ちこんで検査をするために往復分のガソリンが減ってしまいます。指定工場だったら大丈夫です
車の車検

車検のときにマフラーが通るか通らないかの判断は?

車検の時にマフラーが通るか通らないかの判断は、何を基準にして決めるのか。マフラーの車検の時の基準、マフラーが車検に通らなかった時にはどのようにしたらいいのか、などを解説します。マフラーが社外のスポーツマフラーでも認定マフラーなら通る
車の車検

車検の時に消耗部品の交換をすることで得をすることもある

車検の時に消耗部品の交換をすることで得をすることもあります。車検の時にはできるだけかかる費用を抑えたいものですが、そのために後々余計に修理代がかかってしまうこともあります。また、予防整備をすることによって車の故障も未然に防ぐことができます。
車の車検

車検を出すなら指定工場と認証工場どちらがお得?

車検を出すなら指定工場と認証工場のどちらがお得でしょうか。指定工場と認証工場の違いを解説して、どちらに車検を出したらいいのかを解説しています。指定工場のメリットは車検を短い時間で終わらせることができることです。
車の車検

もったいない 車の買い替えかたは?車の買い替えの適切な時期は

車を買い替える時にもったいない買い替えかたをしているかたが多いです。車の買い替えには適切な時期というものがあります。その買い替え時期を逃してしまうと損をする場合があります。適切なタイミングを考えて車を処分することで損をしないようにしましょう