ディーラー車検とは!ディーラー車検のメリットとデメリット

ディーラー車検

・車検費用が高い

・安心

・サービスが行き届いている

・保証がしっかりしている

・店舗がきれいで清潔感がある

このようなイメージがあると思います。

車をディーラーで購入されたかたの多くは車検をディーラーで受けることが多いです。

大抵のかたは、ディーラーの車検は高いと知っていながら、安心できるという理由でそのまま車検を頼んでいます。

しかし、本当にディーラーは他の車検業者に比べて安心なのでしょうか?

この記事では元ディーラーで車検整備を19年間していた筆者が、ディーラー車検のメリットとデメリット、車検費用を安くする方法と値引きのコツを解説していきます。

車検整備

 

ディーラー車検のメリット

 

・整備の質が高い

ディーラーの整備士はメーカー独自の教育を国家試験の教育とは別に行なっています。

そして、自社の車を使って実習もしているので自社で販売している車については大変詳しいです。

ゆえに、ちょっとした車の不具合でも見逃すことはないので、自社で扱っている車の整備に関しては一般の整備業者よりも整備の質が高いと言えるでしょう。

 

・保証がしっかりしている

ディーラーはメーカーの看板を背負って仕事をしています。

ゆえに、車検後に何かトラブルがあったらメーカーのほうにも責任がいきかねません。

そのような理由で、ディーラーでは次回の車検まで安心して乗れるように厳重にチェックしています。

また、保証に関しても車検時に整備した箇所については、車検後に何かトラブルがあった場合には保証で修理してくれる場合が多いです。

保証

 

・無料で部品交換してくれる場合がある

ディーラーでは、自動車メーカーのサービスキャンペーンというものがあり、車検時に無料で部品を交換してくれることがあります。

これはリコールとは違って、保安基準に適合しなくなるような重大な欠陥ではなく、走行にはさして影響がないが、部品に不具合がある為に改善された部品に無料で交換しますよ、というものでユーザーには知らされていないものです。

別にやらなくても車検は通るので、他の整備工場で車検をしたらそのままになってしまいます。

しかし、ディーラーだったらそのような内容はわかっているので、無料で交換してくれます。

その場合、ユーザーにやった内容を知らせることもあれば、知らせないこともあるのでユーザーはわからない場合もあります。

 

・交換部品はほとんどが純正部品

ディーラーでは、車検に限らず部品を交換する時にはほとんどが純正部品を使用しています。

さすがに純正部品というだけあって作りもしっかりしたもので、信頼性・耐久性も充分です。

高品質な純正部品を使うことで、より安心安全な走行を約束できると言えます。

 

・ディーラーならではのサービスがある

ディーラーでは一般の自動車整備工場ではまねのできないサービスがあることがあります。

例えば、グッズのプレゼントやガソリンの割引券のサービスなどです。

そのサービスの内容はディーラーによってさまざまです。

ちなみに、筆者がディーラーに勤めていた頃はディズニーランドのペアチケットや、レストランの食事券などをサービスしていました。(期間限定ですが)

これらのサービスは資金に余裕のあるディーラーならできることで、一般の自動車整備工場では難しいことでしょう。

 

・車の引き取りや納車もしてくれるし、代車も用意してくれる

車検の時にわざわざユーザーが車を持ちこまなくても、ディーラーでは車の引き取りや納車もしてくれます。

格安車検店などはユーザーが車を持ち込まなくてはならないので、そのぶん手間がかかります。

代車も無料で貸してくれるところが多く、車が無くて乗ることができない、という心配もいりません。

 

ディーラー車検のデメリット

 

数多くあるディーラー車検のメリットですが、唯一のデメリットが車検費用が高いことです。

唯一のデメリットですが、これが一番大きな問題です。

今まであげてきたメリットがこのデメリットひとつでかき消されてしまいます。

ちなみに、車検にかかる費用の比較はこちらの記事で紹介しています。

       ↓

車検はどこに出したらいいのか

 

ディーラー車検が高い理由

 

ディーラー車検が高い理由には以下のことがあげられます。

・交換部品に純正部品を使用している為に、部品そのものの値段が高い

純正部品は社外品に比べるとやはり値段が高いです。

高品質なのはいいのですが、部品によっては社外品の2倍も値段が高いものもあるので、もう少しなんとかならないものかと思ってしまいます。

 

・細かいところまで丁寧に細かくチェックするので時間がかかる

丁寧に細かいところまでチェックしてくれるのはいいのですが、そのぶん時間がかかるので工賃をそのぶん高くしないと割にあわないのでしょう。

 

・会社の基本工賃がそもそも高い

工賃はレバレートで1時間あたりいくらで計算されます。

そのレバレートが最初から高めに設定されているので、おのずと車検費用が高くなってしまいます。

 

・車検代行手数料がかかる

ディーラーでは、車検工賃の他に代行手数料がかかります

見積もりには車検代行手数料とか、事務手数料とか記載されます。

民間の車検業者ではそれらの手数料を全く取らないところもあるので、それだけで金額にして10,000円~12,000円ほど(業者によってさまざまです)が違ってきてしまいます

 

ディーラー車検を安くする方法

 

ディーラー車検は高いですが、ある程度なら安くする方法もあります。

 

・自分でできることは前もってしておく

これは、ディーラー車検に限ったことではありませんが、車の整備も自分でできることはあらかじめしておくことです。

例えば、エンジンオイル交換などは前もって自分でしておくか、オイル交換料金の安いカーショップやガソリンスタンドなどで交換しておけば、ディーラーでするよりも安く仕上がります。

また、ワイパーゴムなども切れていれば車検は通らないので、否応なしに交換させられます。

ワイパーゴムなどはカーショップで購入すればいくらもしないので、ディーラーで交換するより安くなります。

このように、前もってできることはしておくことで、車検費用を安くすることができます。

 

・日頃からメンテナンスを怠らない

車検時の費用の負担をできるだけ少なくする為には、日頃からメンテナンスを怠らないことも大切です。

エンジンオイルなどは、定期的に交換しておかないとオイル漏れなども発生しやすくなってしまいます。

車検時にオイル漏れなどがあれば、それを直さなければ車検は通らないので修理代が多くかかってしまいます。

オイル交換を早めに行なうことで、それらの余分な出費を抑えることができます。

 

・車検を依頼する時には担当の営業マンに依頼する

車検を依頼する時には、直接整備のほうに依頼するのではなく、担当の営業マンに依頼することで、車検費用を安くすることができる場合があります。

それで、依頼する時には電話で、今お金がきついんでできるだけ安くお願いできないかな、と一言付け加えましょう。

そうすれば、担当の営業マンもこれからの付き合いを考えて、整備のほうにその旨を伝えてくれます。

その後に車検の見積もりに行った時に、営業のだれだれさんに、できるだけ車検にかかる費用を安くしたいということを伝えてある、と言えばむこうもわかってくれるのでいくらかでも勉強はしてくれると思います。

実際筆者もディーラーでフロントをしていた時に、そういったことは何回もありました。

言って無駄なことはないので言ってみる価値はあります。

 

・余計なオプションは全て外す

ディーラーでは、1台の車検でできるだけ売り上げを上げたいので、車検整備の他にいろいろなオプションを提示されることがあります。

車検と関係ないオプションは全て断りましょう

ヘッドライトのクリーニングや洗車ワックスなどもオプションに含まれていることもありますが、それらは車検とは一切関係ないので必要のない整備代となります。

 

・早めに車検予約をする

ディーラーでは、車検の予約の早期割引を行なっているところが多いです。

例えば、3ヶ月前なら3千円、2ヶ月前なら2千円、1ヶ月前なら千円といったように車検の予約が早いほど割引は多くなります。

ディーラーで車検をすると決めているのだったら、この制度を使わない手はありません。

早めに予約をして少しでも車検代を安くしましょう。

 

ディーラー車検の値引きのコツ

 

・民間車検で見積もりを取る

 

車検見積もり

 

ディーラーで車検の見積もりをする前に、先に他の民間車検で安い見積もりをとりましょう。

見積もりだけなら無料なので有効に活用しましょう。

もし、万が一に見積もり料金を取るような店舗があったらその時点で論外です。

車検の見積もりはできれば1社だけでなく複数あったほうがいいです。

その中で一番安い見積もりを選びます。

そして、ディーラーで見積もりをした時に、民間車検の安い見積もりを見せて比較します。

大抵の場合は、民間車検のほうがディーラーの見積もりよりもかなり安いはずです。

そこで、料金の交渉をすれば少しは安くなる思われます。

ディーラーでも車検は欲しいので、少しくらい値引きしても車検台数を確保したいはずです。

 

・月末あたりを狙って出す

ディーラーでは毎月車検台数のノルマがあります。

月によってノルマは違いますが、そのノルマを達成する為にディーラーでは必死になります。

その月のノルマの達成が難しくなると感じると、車検勧誘の電話も多くなってきます。

それゆえに、車検の工賃が多少安くなろうと台数を確保しなければなりません。

ですから、月の終わり頃に車検を出すと値引きもしやすくなります。

しかし、注意したいのは、車検が終わって売り上げにならないとその月の台数にはカウントされません。

なので、あまりギリギリでもいけません。

理想的なのは、月末の1週間前あたりがいいです。

 

まとめ

 

ディーラー車検のメリット

・整備の質が高い

・保証がしっかりしている

・無料で部品交換してくれる場合がある

・交換部品はほとんどが純正部品

・ディーラーならではのサービスがある

・車の引き取りや納車もしてくれるし、代車も用意してくれる

 

ディーラー車検のデメリット

・車検にかかる費用が高い

 

以上のように、メリットとデメリットを比べるとメリットのほうが多い気がしますが、車検費用が高い、というデメリットひとつでメリットの部分が消されてしまうほどデメリットの部分が大きいです。

 

車検代を安く済ませる方法として、ディーラー以外で車検を受ける、という方法もあります。

今はネットで車検の予約が簡単にできる[楽天車検][ホリデー車検][EPARK車検]などが人気があります。

できるだけ車検代を安くしたいと考えてる人は、これらのサービスを利用するのもひとつの方法です。

楽天車検  公式サイトはこちら

ホリデー車検公式サイトはこちら

EPARK車検 公式サイトはこちら

 

 

おすすめ記事

車検をディーラー以外で受けるのは気まずいと思っている方へ

ディーラーでの車検の上手な断り方 車検のキャンセル方法

ディーラーと民間の整備工場の整備士に技術差はあるのか

コメント