ninja650 に キジマナビマウントステー 取り付け

ninja650 に gopro を取り付けたいと思いバイク用のカメラホルダーを購入したのですが、ninja650 はセパレートハンドルなのでバーハンドルのバイクのように簡単にはカメラホルダーが付きません

そこでセパレートハンドルに取り付けるステーがないかと思い捜したところ キジマナビマウントステー という物を見つけました

 

ナビマウントステー

 

これが キジマナビマウントステー です



ninja1000、1400GTR用と記載されていたのですが私の2019年型ninja650にも合うということで購入しました

実はもうすでにハンドルの左側には付けてあるのですが、スマートフォンをそこに付けてしまうと gopro が付けられないのでもう片方にもつければ gopro も付けられるなと思い購入しました

取り付け方法はすごく簡単ですが、しっかりとした工具がないと難しいでしょう

まず、ハンドルホルダーの内側にある固定ボルトを緩めます

 

 

ここの黄色の矢印のボルトなのですが見てのように8Mの6角レンチが必要です

で、ボルトを緩めます

 

 

こんな感じでボルトを緩めますが緩み防止のネジロックが塗ってあるのでかなり固いです

外してみるとこんな感じでネジロックが塗ってありました

 

 

上の画像のボルトの赤く塗ってあるところがネジロックです

緩まない為の処置なので固いのは当たり前なので工具もきちんとした物を使わないと緩めることが困難でしょう

最低限6角のソケットレンチとラチェットレンチはあったほうが良いと思います

 


 

ボルトを外したところです

 

 

そしたらいよいよナビマウントステーを取り付けます

これです

 

 

取り付ける前にネジロックをボルトに塗ります

重要なところの部品なのであとでボルトが緩んでこないようにネジロックは塗っておいたほうがいいでしょう


 

ナビマウントステーの取り付けが終了したので今度はGoproを取り付ける為のカメラホルダーを取り付けます

 

 

このような感じで取り付けました

でもこのままの状態でカメラを取り付けると、ちょうどカメラの高さがスクリーンの上側と重なってしまい映像が見にくくなってしまいました

 

 

こんな感じになってしまいました

私のninja650にはオプションのハイスクリーンが付けてあるのでちょうどスクリーンの上端とカメラが重なってしまいます

それで、もう少しカメラの位置を低くするか高くするかしか方法が無いのですが、低くするとどうしてもスクリーンの歪みが気になってしまいます

それにカメラの位置をこれ以上低くするにはハンドルマウントでは無理なのでカメラをガソリンタンクに付けるしかありません

なので、カメラの位置を高くすることにしました

で、高くする為にはカメラとカメラホルダーの間にもう一つ延長する為の物を付けなければなりません

その為にこれを購入しました

 

 

実はこの部分だけ欲しかったのですがこの部分だけでは売っていなかったのでやむなくこれごと購入しました


 

で、出来上がった状態がこれです

 

 

これで、カメラとスクリーンの上端が重なることはなくなりました

実は私は普段 gopro をヘルメットに付けているのですが、バイクの車体に付けた状態との比較がしたくてこのようなことを思いつきました

これから実際に走ってみて映像の状態を比較してみたいと思います

 

コメント